腰痛の原因とは?

LBP women
今回は腰痛の原因について書いていこうと思います。
生涯、腰痛を経験したことがない方はまずいない!

といわれているくらい、

 

肩こりに次いで悩みが多い症状です。

特に男女比をみると男性に多い傾向があります。

実際の簡単な腰痛の知識と臨床上の内容を織り交ぜてまとめてみました。

目次

  1. 腰痛の原因とは?
  2. 85%の腰痛の4つの要素
  3. 腰痛の解消法

1.腰痛の原因とは?

腰痛と言えば腰に問題があってと思うのが当然ですが、

腰痛の原因が解明されているものはなんとたったの15%しかありません。

 

それは主に病気であったり、骨折であったりします。

(細菌感染、ガン、圧迫骨折、胆石、腎臓病、子宮筋腫、尿路結石、腹部大動脈瘤など)

 

残りの85が実は原因不明です!

surprised

これは実際に新聞にも掲載された事実です。

レントゲンやMRIなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。

 

ただし、これらの腰痛の場合は良くなっていく方を臨床上見ていくと、

身体的影響(体への負担)、心理的・精神的影響、神経の問題など

だいたい4つの要素に分けられることが多いことがわかってきています。

2.85%の腰痛の4つの要素

①身体的影響(体への負担)

  • 長時間同じ姿勢が多い
  • 運動不足
  • 姿勢が悪い、猫背である
  • 肥満、下っ腹が出ている

② 神経の問題

  • 座骨神経・馬尾神経の影響(排尿障害・足のしびれなどの症状を伴う)

 ③関節の問題

  • 腰の骨の捻挫によるもの

④精神的なストレスの問題

  • 不安
  • 不眠
  • ストレス

などがあげられます。当てはまる部分がありましたでしょうか?

これら4つの要素の問題点を改善することにより、腰痛を解消していくことが多いです。

3.腰痛の解消法

では腰痛を実際に解消するにはどうせればよいのか?


 ①体の機能(筋肉、関節)

②体の構造(骨格、姿勢)


の2つを整えることです。

①の筋肉が硬くなったり、関節の動きが悪くなることにより、

腰痛の症状が出てきます。

 

なのでマッサージで筋肉を緩めたり、関節の動きを動かすことによって改善していったりします。

そこまでひどくない腰痛の方でしたら、この時点で改善する方が多いです。

 

しかし局所のマッサージや関節の操作によって改善が見られない場合が

長く腰痛を患っている方には多くあります。

 

その場合はそこの局所(腰)には問題がない場合がほとんどなので、

それ以上そこにアプローチするのは避けたほうが良いです。

 

ではどうする必要があるのかというと②の体の構造が重要になってきます。

そもそも普段の意識していない状態の姿勢が腰に負担のかかるような姿勢になっていないだろうか?

 

普段、正しい姿勢をとることが出来ているのかによって、

腰痛持ちなのかそうでないかの差が出てきます。

bad good pose

 

なので札幌クラーク治療院では局所だけのマッサージや関節の動きをつけることは少ないです。

なぜならそもそもの根本的原因が骨格や姿勢に問題がある方が多いのと、

 

実際に姿勢も変えていかない限り、その場限りの痛みをとるだけになり、

いつまでたっても腰痛の負のスパイラルからは抜け出せないからです。

(腰痛持ちの方ならよくわかるはずです。)

 

もし腰痛に悩んでいる方がいらしゃいいましたら

札幌クラーク治療院に一度ご相談下さい。

 

お電話にてご予約・お問合せはこちら011-788-5880

24時間WEB予約こちら(https://reserve.ekiten.jp/shop_7004379/t_form/)

※なるべくお待たせしないよう、予約優先制となっております。

 

もし記事が気に入って頂けたら、

FacebookやSNSなどでもいいねやシェアで多くの方に知って頂けると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 札幌クラーク治療院

関連キーワード:整体 / 鍼灸 / マッサージ

by札幌クラーク治療院

関連記事

  1. 気温差と身体の関係

  2. Chocolatier Masaleのお菓子を頂きました!(…

  3. 寒波から来訪者腰痛?

  4. 何年も痛かった腰痛

  5. 夏休みとぎっくり腰

  6. スラムダンク 第69話「WISH」より

    諦めたらそこで試合終了ですよ・・・?