施術中またはお休みの際は電話に出られないことがありますので、留守番電話にメッセージをお願い致します。

腰痛

腰が痛いのに手を治療?

ここ最近は雪かきのせいもあってか、

腰や背中が痛いと行っていらっしゃる方が季節がら増えています。

特にその時は痛くなかったものの、次の日から痛い。

ひどいと何もしてなくても痛いので背中を丸められない。

椅子に座っていると痛くなる。

な方から、

ぎっくり腰のようにもう動かすのも痛くて歩くのもやっとという方まで、

同じ腰痛でも色んなタイプの方がいらっしゃいます。

 

うちの治療院で鍼(針)の治療をする場合は、腰が痛いからといって、董氏楊氏奇穴を使うようになってからは、基本腰に針を打つことはまずないです。

ましてやぎっくり腰のような急性で炎症もあるような場合では、

その場所に針を打てば炎症を悪化させる可能性も否めないので、

なおさらその患部に打つということはないです。

手に針を打つ場合ですと、その人がどこの場所を痛めているのかによって、

手にも打つ場所が変わってきます。

なので痛い場所がこの辺という方からもうまさにココが痛い!という方まで様々ですが、

それぞれに合わせた場所にあわせて手に針を打って治療します。

手首回りだったり肘の周りであったり、実際に痛い場所に刺さない場合は、

最初に痛いと言っていた腰の動作、

例えば前にかがむと痛い、ねじると痛い場合などは、

手に針をした状態で実際にその動きをしてもらって、良くなっているかどうかを確認していきます。

なので受けている患者さんも実際の効果があるかどうかが目に見えて分かりやすいものだと思います。

ただし、構造上の問題、年に3,4人はいらっしゃるのですが、なかなか針の効果が見られない方で、

レントゲンを撮りに行ってもらったら、骨折していたなんてことはたまにあります。

確かに骨折をしていても痛み自体を鎮痛する効果もあったり、

治癒を促進する効果もあるため、その目的で治療する分にはいいのかなとは思います。

たまに治療後すぐに動けるようになったのですぐに運動を再開したり、

また腰を痛める動作をもう良くなったと早合点してする方がいらっしゃいますが・・・

ちゃんと痛みがなくなってから行うようにしない場合、

たいてい2日後にいらっしゃったときにまたすごく痛くなってきて・・・

なんて方はいらしゃったりします。

 

インフルエンザでも風邪でも腰痛でもそうですが、

しっかりと治療したあとは、食べて、寝る。

ちゃんと休むというのは身体を回復させるうえで、とても大事ですね。

私も運動をするので言えることですが、しっかりと良くなってから思い切り運動すると良いですよね!

【 札幌で鍼(はり)なら 】
札幌クラーク治療院
ご予約はこちらから
011-788-5880
12:00~21:00
(最終受付20:00)
定休日:水曜日

※24時間ネット予約も可能です。
※なるべくお待たせしないため、予約優先制とさせて頂いております。

関連記事