施術中またはお休みの際は電話に出られないことがありますので、留守番電話にメッセージをお願い致します。

肩こり

なかなか良くならない、肩こりの原因と解消方法について

前回は【最も割合が多い緊張型頭痛の原因と予防策】について書かせてもらいました。

今回は肩こりについて書いていこうと思います。

鍼灸師にとっては肩こりが治せるようになると一人前!?」

昔からよく言われていますが、笑

実際、肩こりに悩まされている方は実は非常に多くいらっしゃいます。

 

そもそも肩こりとは・・・何なんでしょうか?

を出来るだけ簡単に3つに分けて説明していこうと思います。

肩こりって何???

そもそも肩こりとは首から肩もしくは背中までに張るような、

凝るような感じや痛みがあり、首、肩、背中周りの筋肉が硬くなり、コリが出来ている状態になります。

(吐き気や頭痛が出る方もいます。)

厚生労働省の平成25年度の調査(※1)によると、

男性で肩こりを感じるという人がなんと第2位

女性ではな、な、な、なんと1位です!!!

平成25年自覚症状の状況

参考元:厚生労働省 世帯員の健康状況 自覚症状の状況、平成25年国民生活基礎調査の概況http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/dl/04.pdf

すごいですね。それだけ自覚症状がある方がたくさんいらっしゃいます。

特に肩こりに悩む女性はそれだけ多いということですね。

ある意味、国民病とまで言われている肩こりですが、そもそも原因は何なのでしょうか?

肩こりの原因とは?

5W

肩こりの主な原因とは肩から首、背中の筋肉の血流が悪くなると筋肉にコリが出来てしまいます。

コリがあると筋肉内の血管を圧迫しますし、ひどくなれば発痛物質やカルシウムといった筋肉が硬くなる成分が増えていきます。

そして放っておけばドンドンと悪化していきます。(筋肉内のカルシウムの蓄積が増えると最後には骨化といって筋肉が骨のように硬くなってしまいます。)

それに伴い血管が圧迫されれば、腕や指にシビレが出始める方も多くいらっしゃいます。

圧迫されている箇所やコリの体積が増えれば増えるほど、改善するのに時間がかかってしまいます。

温めると楽になったり、軽い運動をすることによって、初期状態の肩こりは良くなることもありますが、

長年、そのままの状態を続けている体は、なかなか自分の力だけでは、治りづらいものが大変多いです。

むしろ長年続いていることによって、最早・・・

しょうがないと思う

「これは私の体質だから・・・解消できない・・・」

「自分の親も肩こりだしこれは遺伝でしょうがない・・・」

「同じ職場の人も肩こりだからこれはしょうがないものだ・・・」

「腕が上がらないわけではないので、まだ大丈夫!」

 

と思っている方が多いようです。

それではその原因を解決するにはどうすればいいのでしょうか?

なぜ血管を圧迫してしまうのか?

では、そもそもなぜ筋肉の中にある血管を圧迫するのでしょうか?

なぜ筋肉の血流が悪くなるのでしょうか?

血管というのは血液が流れているパイプと同じです。

pipe

筋肉が硬くなり、こりが出来て、その中にあるチューブのような血管が圧迫されると、

パイプやホースがギュゥッ!と押しつぶされていたり、潰れていたりするのと同じで、血液の流れは悪くなりますよね。

長年の肩こりがある人とは?

thinkthink

長年肩こりがある方は、その部分(肩)もしくは、その血液が流れてくる大元の部分(主に首、腰の場合もあります。)の筋肉が硬くなり、

それが長期間解消されていないことが問題です。

そして筋肉が硬くなれば正しい姿勢を維持することが難しくなり姿勢が血管を圧迫するような姿勢になっているという状態まですすんでしまいます。

そもそも圧迫されるような姿勢、体の状態になっていなければ、筋肉を長期間硬くするということもあまりなくなるわけです。

ではどのような姿勢になっているとこり作ってしまうのでしょうか?筋肉を更に硬くしてしまうのでしょうか?

肩の筋肉を硬くする姿勢、4つの特徴

写真をみてもらうのが一番分かりやすいと思います。

姿勢 肩こり

肩こりの出やすい姿勢と正しい姿勢

①肩が前に巻き込んでいる!

②背中が丸まっている!

③頭が前にいっている!

④下っ腹が出ている!?

多くはこの4つに問題がある方が多いです。

あなたは4つとも問題ないですか???

理屈では正しい姿勢だけど・・・?

「じゃあ右側のように正しい姿勢にすればいいんでしょ?そうすれば肩こりにならないのよね?筋肉も硬くならない!」

理屈ではそうなります!

ただし、普段肩こりが続いているかたはそもそもこの姿勢をとることが出来ない。又は長くは続けられない。

という方が非常に多いです。

むしろその姿勢を取り続けると余計に体が痛くなる!

前かがみの姿勢のほうが楽だから・・・といっていつもその姿勢でいると

首、肩、背中の筋肉はなかなか柔らかくなりませんし、肩こり呪縛からは逃れられません!

治療していく順番の重要性

そこで札幌クラーク治療院ではそもそもその姿勢が出来ない方は、

①正しい姿勢を作ることが出来るようにすることから始まります。

②その姿勢を維持出来るようにしていきます。

そうすることによって肩こり呪縛から解放されるようになります!

もし、あなたが肩こりに長年悩んでいたり、正しい姿勢を作ることが出来ない、

筋肉が硬いなと思う方はぜひ、札幌クラーク治療院にご相談ください!

あなたのお力になれるはずです!

まとめ

肩こりに悩んでいる人は多いと思います。

実際に「肩こり解消」というキーワードで検索してくる人が多いようです。

出来るだけ多くの方に肩こりはなくなるものだということを知って欲しいなと普段現場で施術をしていて思います。

そして「そういえば肩こりを感じなくなった」と患者さんから言われるのがいつもとても嬉しいです。

一時的な解消も大事ですが、継続的に肩こりに悩まされない体を作っていくことはとても大事ですよね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

【 札幌で鍼(はり)なら 】
札幌クラーク治療院
ご予約はこちらから
011-788-5880
12:00~21:00
(最終受付20:00)
定休日:水曜日

※24時間ネット予約も可能です。
※なるべくお待たせしないため、予約優先制とさせて頂いております。

関連記事