施術中またはお休みの際は電話に出られないことがありますので、留守番電話にメッセージをお願い致します。

腰痛

夏休みとぎっくり腰

私の一度ぎっくり腰を経験しているのでよく分かるのですが、

今回はそんなお休み中に意外と多いぎっくり腰について書いてみようと思います。

夏休みに意外と多いぎっくり腰

お子さんをお持ちの方でしたら、夏休みが始まったことによって、

お出かけなどのイベントが発生しますよね。笑

そんな時に多いのが・・・寝違えやぎっくり腰です。驚

家族サービスなどにおいて、久しぶりに色々と車移動が多かったり、お子さんと遊んだりした際に・・・

「あっ!(これはアカンやつだ・・・腰やっちゃった・・・)」

ohmygodmyback

 

と腰を痛める方が多いです。

ぎっくり腰になってしまう時はどんな時?

howtolbp

ぎっくり腰のイメージは何か重いものをぐっと持ち上げた際に痛めるという気がするものですが、

実際におおくみられるのは・・・

  • 下の物を拾った際
  • シャワーを浴びようとし手を伸ばした際
  • 座っていて立ちあがろうとした際
  • 自転車や車から下りた際

など、何てことはない普通の動作によって、

普段腰に負担がかかっていて、腰の筋肉が硬くなっている状態で、

ふとした動きをした際ぎっくり腰になってしまう人が多いです。汗

ぎっくり腰の原因

found

原因は普段からの腰への負担の蓄積なのですが・・・

日頃から腰がよく痛くなる重たい感じがするなどの方は要注意なので、

お気を付けください。

(詳しい原因についてはまた他の記事のときに書いてみようかなと思います。)

まとめ

実際に多くいらっしゃる方はとにかく動けるようにしてほしい!

という方がほとんどで、私もぎっくり腰の経験があるので、

藁にもすがる思いな心境はよくわかります。

 

「明日から実は旅行に行くんですが・・・」

「今週末にはマラソンに出るんですが・・・」

「明日から仕事で休めないんですが・・・」

 

なんていう方が多いです。汗

ぎっくり腰になってしまったときはしょうがないのですが、

やはり日頃からぎっくり腰にならないようにケアやメンテナンスをしておくという事がとても大事ですね。

それでも、もしぎっくり腰になってしまって、

札幌駅の近くでどこか鍼灸(はり)や整体治療院を探している際は札幌クラーク治療院へご相談下さい!

 

何となく書いていたつもりが長文になってしまいました・・・(;´・ω・)

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

【 札幌で鍼(はり)なら 】
札幌クラーク治療院
ご予約はこちらから
011-788-5880
12:00~21:00
(最終受付20:00)
定休日:水曜日

※24時間ネット予約も可能です。
※なるべくお待たせしないため、予約優先制とさせて頂いております。

関連記事