腰が痛いにも種類がある

腰痛と一言でいっても様々なパターンがあるわけですが、

だいたい皆さんがおっしゃる腰痛には、治療する上では分析していくにしても、

違いがあったりします。

そんな中でもよくお聞きするのがこちらひとまず8つ!

その1.上のほうが痛い

その2.下のほう背骨とお尻の間辺りが痛い

その3.お尻の上側が痛い

その4.お尻の下側太ももの付け根辺りが痛い

その5.横側の側面が痛い

その6.どっちかというよりも背骨のすぐ両脇が痛い

その7.背骨の上、真ん中(正中線状)が痛い

その8.どこかと言われてもはっきりは分からなくこの辺などの円状範囲で痛い

などなど結構様々です。

どれに当てはまったでしょうか?

札幌クラーク治療院では原因の場所であったり、実際に痛みがでる場所によって、当然鍼を打つ場所が変わってきます。

腰痛だからいつも同じ場所にとはならなかったり、

鍼を打っていく段階で、痛みが移動していったり、

実際に痛みの位置が移動していくと、皆さん不思議に思う方が多いようです。

移動していく場合などはそもそも1か所だけに問題があるというわけではなく、

複数の箇所に問題があり、その優先順位によって痛みを訴える場所が皆さん変わる人がほとんどです。

当院の場合、実際に腰が痛いからといって腰に鍼をするわけではないので、

痛みが移動した場合は皆さんが思ってはいないような違う場所に鍼を打っていくことになっていったりするわけで、

「なんでここなんだろう?不思議!」

と思う方がほとんどのようです。

ちゃんと結果は出ますし、終始不思議に思っている間に終わるということがほとんどです。笑

実際は東洋医学的に理論づいているのでその通りなのですが・・・汗

一番よく聞かれる質問は、

「どのくらいこの効果は続くんですか?」

と聞かれますが、

「わかりません。」

とはっきり言う場合が多いです。

なぜなら、その人その人によって生活も違えば、仕事も違います。

今はちょうど繁忙期で忙しいけど普段はそうでもない等々・・・

身体の使い方は千差万別です。

10人いれば10人違います。

同じ人間でもその日によって身体が違うことも当然ながらあります。

なので、最初はすぐに良くなっても油断せず経過を見ていったほうが良いです。

その人その人によっての回復力の差もあったりしますし、

腰痛だけではなく、他の部分も実はあるんです、肩こりで、頭痛で、

なんて方もよくお会いします。

その方がどこまでのレベルを希望されているのかによっても、どのくらいかかるのかは変わりますよね。

良くなっていく過程をちゃんとみるということもとても大事なことだと、

日々臨床上施術していて良く思います!

オーダーメイドな治療をしていくっていうのは大事だなと思います。

【 札幌で鍼(はり)なら 】
札幌クラーク治療院
ご予約はこちらから
011-788-5880
12:00~21:00
(最終受付20:00)
定休日:水曜日

※24時間ネット予約も可能です。
※なるべくお待たせしないため、予約優先制とさせて頂いております。

関連記事

  1. 座りながら腰をかがめると腰が痛い

  2. 何年も痛かった腰痛

  3. 気温差と身体の関係

  4. 腰痛の原因とは?

  5. 必ずしも100%とは限らない。

  6. GW中は腰痛の方が多い?